雲海

辰砂釉の赤い上薬に青っぽい釉薬を重ねて雲に見立ててみました。

飛行機に乗るといつも機内から眺める雲海は、見事で見とれてしまいます。平成 14 年 10 月、ベネチアでの美術展「日伊芸術メラビリア」に参加したときは、機内からの雲海とアルプス山脈がまるで絵画を見ているように、眼下に広がり、朝日に輝く様子に機内の人々は大歓声を上げていました。

私たちもイタリアへは 4 回旅行したことがありますが、アルプス山脈の上はいつも夜間飛行で、今回初めて肉眼で見ることが出来、本当にすばらしい眺めで思わずシャッターを切りました。

あのときの雲海のすばらしさを表現してみました。思い出深い中から出来上がった作品です。

年度作品名(クリックして各作品をご覧ください。)
1998~2000●辰砂壺(3点セット) ●求煌 ●太古 ●豊穣 ●辰砂花器 ●ある決断
2001●壺中の天 ●回帰辰砂壺~決断実行そして再生~ ●飛沫 ●辰砂壺 ●分水嶺
2002●想 ●試行錯誤 ●赤富士辰砂壺 ●祈りの辰砂壺 ●変形辰砂壺 ●登高 ●回想
2003●雲海 ●寛容 ●恵沢 ●決断、そしてやすらぎ辰砂壺 ●再生 ●時間と空間 ●赤富士辰砂壺 映 ●蒼穹 ●辰砂花器・趣 ●辰砂鶴首 ●萌芽 ●漲溢

この投稿へのコメント

  1. 鴫原 光子 said on 2022年7月2日 at 9:42 AM

    一つ一つの作品のメッセージ 思い出を読むと さらに素晴らしいです。釉薬の流れ方素敵。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。