平成 14 年 6 月 第 32 回全陶展 入選

下部の緑色の部分と上部の辰砂の赤のバランスが対照的ながら、何となく優しい雰囲気に出来上がっています。

「自在壺&ギャラリー」の床の間の中心に置かれています。掛け軸等と、とても良くマッチする作品です。お客様からも、「日本間に似合いますね」とよく言われます。

平成 15 年 7 月の宮城県北連続地震で、転げて上部の口のところが、少しだけ欠けてしまいました。優しくほっとする作品に仕上がっているだけに残念ですが、形あるものの儚さをつくづく感じさせられました。

ゆっくりと流れる時間の中で、じっくりと、何かを考えるときに、辰砂壺「想」は安らぎを与えてくれると思います。

年度作品名(クリックして各作品をご覧ください。)
1998~2000●辰砂壺(3点セット) ●求煌 ●太古 ●豊穣 ●辰砂花器 ●ある決断
2001●壺中の天 ●回帰辰砂壺~決断実行そして再生~ ●飛沫 ●辰砂壺 ●分水嶺
2002●想 ●試行錯誤 ●赤富士辰砂壺 ●祈りの辰砂壺 ●変形辰砂壺 ●登高 ●回想
2003●雲海 ●寛容 ●恵沢 ●決断、そしてやすらぎ辰砂壺 ●再生 ●時間と空間 ●赤富士辰砂壺 映 ●蒼穹 ●辰砂花器・趣 ●辰砂鶴首 ●萌芽 ●漲溢

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。