飛沫

平成 13 年 6 月 第 27 回東北現代工芸展、入選
茂庭氏松山開府 400 年記念を祝って、第 27 代茂庭家当主、茂庭邦元先生に寄贈する。

松山町は、茂庭のお殿様を中心に栄え、今も、歴史、教育、文化、芸術を大切に守り、城下町のたたずまいを醸し出す田園に囲まれた町です。

米寿を目前にして、平成 15 年 10 月 23 日茂庭邦元先生がお亡くなりになりました。松山町民は、深い悲しみでいっぱいです。

辰砂壺、「飛沫」は、水の飛沫が口辺に飛び散ったような痕跡を持つ壺で、一刀両断の気合で切りつけた刀痕は、辰砂の光沢と色彩の面にある種の気魄を与える作品で、人間の持つ「勢い」を表現してみました。何かをするとき、思慮深さも必要ですが、一気にやり遂げる気合や情熱のような、「ほとばしる」勢いがことを成就させると思うので、そんな激しさのようなものを汲んでいただけたら幸せです。

年度作品名(クリックして各作品をご覧ください。)
1998~2000●辰砂壺(3点セット) ●求煌 ●太古 ●豊穣 ●辰砂花器 ●ある決断
2001●壺中の天 ●回帰辰砂壺~決断実行そして再生~ ●飛沫 ●辰砂壺 ●分水嶺
2002●想 ●試行錯誤 ●赤富士辰砂壺 ●祈りの辰砂壺 ●変形辰砂壺 ●登高 ●回想
2003●雲海 ●寛容 ●恵沢 ●決断、そしてやすらぎ辰砂壺 ●再生 ●時間と空間 ●赤富士辰砂壺 映 ●蒼穹 ●辰砂花器・趣 ●辰砂鶴首 ●萌芽 ●漲溢

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。