萌芽

平成 16 年 3 月環アジア教育芸術交流展 出品<タイ、バンコク開催>

何かしらのきざし、芽吹く様子、季節の移り変わり等を現したくて作品作りをしました。春のバンコクへ似合うかなと思いました。タイは王国の国で、立憲君主国家である。日本の象徴としての天皇を敬う国としての類似性を感じる。

以前訪れたバンコクの町並みは日本ASEAN交流年の記念事業にふさわしく、共に歩み共に進む、パートナーシップが強く芽生えるものと確信させるものを感じさせた。

国境を越えて、新しい関係、相互の信頼関係は、良い将来に向けた共通のビジョンを実現させるために日々の努力を少しずつ萌芽させることを楽しみにして育てて行けたらと思う。

そんな小さな芽生えを大切に育てていこうとする気持ちを表現した作品である。

年度作品名(クリックして各作品をご覧ください。)
1998~2000●辰砂壺(3点セット) ●求煌 ●太古 ●豊穣 ●辰砂花器 ●ある決断
2001●壺中の天 ●回帰辰砂壺~決断実行そして再生~ ●飛沫 ●辰砂壺 ●分水嶺
2002●想 ●試行錯誤 ●赤富士辰砂壺 ●祈りの辰砂壺 ●変形辰砂壺 ●登高 ●回想
2003●雲海 ●寛容 ●恵沢 ●決断、そしてやすらぎ辰砂壺 ●再生 ●時間と空間 ●赤富士辰砂壺 映 ●蒼穹 ●辰砂花器・趣 ●辰砂鶴首 ●萌芽 ●漲溢

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。